明光義塾 枚方岡山手教室のブログ

明光義塾 枚方岡山手教室 教室長(安東 亮)のつぶやき

かき氷イベントを開催しました!

f:id:meiko-hirakataokayamate:20170825123926j:plain

先日、教室イベントとして、

かき氷イベントを実施させていただきました!

 

夏期講習で頑張っている生徒達、地域のみなさんへの、

日ごろの感謝の気持ちを込めて、

かき氷を無料で提供させていただきました!!

 

本当に暑い日だったにも関わらず、

ご兄弟ご姉妹の方と一緒にや、お友達を連れてなど、

本当にたくさんの方にお越しいただき、

そして、

かき氷イベントを楽しんでくださいました!

 

特に小学生の方が多数きてくださり、

何度も何度もおかわりをする子も・・・笑

 

楽しそうにしてくださる姿を見て、

私もイベントを開催して良かったなと思います!!

 

ここでかき氷についての雑学も紹介します!笑

 

・実は、かき氷は、平安時代から食べられていたと言われています。

枕草子の一節に

「削けずり氷ひにあまづら入れて、新しき金まりに入れたる」

というのがあります。

これは「削った氷にあまづらというシロップをかけて、金まりという食器に入れた」という

意味になります。

枕草子の作者が清少納言なので、かき氷を食べていたのは清少納言という事が予想されます。

かき氷は当時は高級なものだったんですね!

そもそも当時は氷を手に入れる事が非常に困難でした。

 

 

・かき氷のシロップはすべて同じ味!?

市販されているシロップでイチゴやメロン、ブルーハワイなどがありますが、

それらは、すべて色が違うだけで全部同じ味なのです。

成分は同じで違うのが着色料と香料だけになります。

そのため、目をつぶってたべるとすべて同じ味になります。

では、なんで違う味に感じるのかというと、

「目から伝わった情報が脳に伝わる事によって、脳が錯覚をおこし、

それぞれ違う味と思ってしまう」からです。

 

 

以上、イベントのご報告と豆知識でした!!!