明光義塾 枚方岡山手教室のブログ

明光義塾 枚方岡山手教室 教室長(安東 亮)のつぶやき

参考書を浮気してはだめ!

皆さんは勉強をするときに、学校のワーク以外にも、市販の教材なども使いながら、

勉強をしているかと思います。

 

本当に自分に合ったよい参考書を探し出すのはなかなか大変です。

本屋さんに行くと本当にたくさんの参考書が並んでいます。

 

たまに、

本当にいろいろな教材をどんどん買って、

少し使っては、「分かりにくい、使いにくい」などといって、

次から次へと購入をする人がいます。

 

「参考書が原因で学習ができない」と思ってしまっている例です。

 

実は参考書をいろいろと交換すると、

勉強も実は非常に非効率になっていきます。

 

新しい参考書を買うと、また初めから問題を解き直しをして、

自分の弱点を見つけたり、覚えたり、理解するのも、

また1からになります。

脳もまた新しい事を学習していると思ってしまいます。

 

そうなると、同じ単元であっても、

「復習」効果が激減してしまいます。

 

同じ参考書であるからこそ、

繰り返し解く復習効果が、

効率的に得られます。

 

 

すぐに教材をかえる=復習効果を捨てている

という事になります。

 

 

良い参考書と悪い参考書が実際には世の中にはあるかもしれませんが、

その差なんてごくわずかです。

専門で学習をしている先生や大人がようやく気付く程度です。

市販されている参考書はすべて、必死に考え、工夫をしてから発売されているので、

正直、どれを選んでもしっかりしたものだと思っています。

 

(もちろん、目的が違えば選ぶ参考書の種類が異なる場合もあります!)

 

 

なので、

今回言いたいのが、

浮気をせずに、使い始めた参考書は何度も繰り返し、最後まで使い切りましょう!

 

 

初志貫徹!

参考書探しをする時間があれば、

今もっている参考書の問題を解きましょう!