明光義塾 枚方岡山手教室のブログ

明光義塾 枚方岡山手教室 教室長(安東 亮)のつぶやき

ちょっと紹介!これからの入試問題傾向!

これからの高校入試、大学入試で出てくる問題の種類に関して、

今回は少し紹介していきます!

 

 

■思考力・判断力・表現力を問う問題が増えます!

おそらく、思考力に関しては昨今、よく言われてきた事なので、

大事なのは分かっているとは思います。

具体的には、「たくさん情報がある中で、必要なものを選んで、どう扱うか」という力になります。

 

実際に試験では、

「この5つの選択肢から正解と思うものをすべて抜き出しなさい」

といった問題が増えると言われています。

今までであれば、

「この5つの選択肢から正解を2つ抜き出しなさい」

といった形で出題されていました。

 

これまで答えの数が限られていたので、

正解を導く事ができていたのが、

正確にどれが正解かを求めていくので、

正解率もがくっと落ちていきでしょうね。

 

数学では、

今は、答えだけ書いてそれが正解か不正解かで判断されているので、

その正解にたどり着く為にどんな計算をしていったのかまでを、

書かないといけなくなるでしょう。

つまり、

なんとなく正解にできていたり、普段から途中式をちゃんと書かない人、

(ちゃんと書かないというのは、人に見せれるレベルでないという人ですが・・)

は、しっかり途中式まで意識して普段から練習しないといけないです。

 

そして、

問題数は減ると思います。

その分、1問ずつの問題の質があがって、

しっかり答えないといけないというのがこれからの傾向です。

という事は、1問あたりの配点も大きくなるという事ですね。

 

 

今回は、これぐらいの紹介にしておきます!

少し意識して勉強してみてください!