明光義塾 光善寺教室 枚方岡山手教室のブログ

明光義塾 光善寺教室 枚方岡山手教室 教室長(畠口 咲 / 安東 亮)のつぶやき

国公立大学受験の生徒さんはお疲れ様でした!

※いつもは金曜日にUPしていますが、ちょっと今回は難しいので、木曜日にUPです♪

 

 

今週は、国公立大学の二次試験がありました。

受験生のみなさんはお疲れ様でした!!

 

割と出題傾向が変わったところが多かったようですね。

 

 

まだ後期日程が私立もあったりするので、

まだまだ受験が続く方もいらっしゃるかと思います。

 

 

ただ、ここ近年は、

後期にいかず、早めに受験を終える方も多いようです。

 

なにがなんでもこの大学に!!という方は少し減っているような気もしますね・・・

受験への気持ちやとらえ方、価値観の変化が出ているのだと思います。

この決断に正解も不正解もなく、

そういう選択をされたに過ぎないと思います。

 

納得できる受験生活を送ってほしいと思います。

 

 

高校生は、卒業式が続々と行われていますね。

本日が卒業式!という方も多いはずです。

 

コロナウイルスの影響もあるので、

無事に執り行われている事を願います。

 

 

高3生は、ここから新しいスタートという事になります。

これからがまた始まりという事を認識して、

新生活を過ごしてほしいなと思います。

 

 

 

 

テスト直前!頑張れる環境をご用意!

中学生も高校生もテスト前という事で、

教室はテスト前の勉強でたくさんの生徒が来てくれています。

 

 

自習席を利用する生徒もたくさんいて、

遅くまで頑張ってくれているなと感じています。

 

それを見ていてうれしい事は、最初は自習の日を決めて、

呼びかけて、なんとか励ましながら、声をかけながらやっとこさで、

自習に来て、勉強をしていた子が、

今では、自分から自然と塾に来て、自習をしています。

 

すごく大きな変化だと思います。

 

「単純に自習にくるようになっただけだ!」

「行って当たり前だ」

と思う方、言う方がいるかもしれませんが、

わたしはそうは思わないです。

 

 

やはり、子どもたちにとってすごく大きなステップアップだと思っています。

 

 

なかなか自分から勉強をしてくれない。

どうしようか。

と、悩んでいる方もたくさん、私たちのところには相談に来てくださいます。

環境ってすごく大事だと思います。

 

 

みなさんも、例えば、健康の為に走りなさいと言われたとして、

どれだけ続きますか?

やはり、途中で断念したり、続けることが出来なくなってしまうことってあるかと思います。

 

大人でも、今ない習慣を作ること、嫌だなと思う事を自分から行うこと、

これらはすごくエネルギーのいる事だと思います。

 

それらを達成するための環境が必要になってきます。

 

 

 

本日も、テスト直前の勉強会を実施しています。

最後の最後まで、ギリギリまでやれることをしていきましょう!

そして、目標達成をしましょう!!

 

 

がんばれる環境をご用意しています!

 

 

 

前回のクイズの答えです!

前回の記事でクイズを出題しましたが、

今回は答えを発表致します!

 

まずは、こんな問題がでていました!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【問題】

 

お母さんが目の前にあるものを指さして、「あれは何色?」と子供に尋ねたところ、

子供は、「きいろ!」と元気に答えた。

すると、お母さんはまたすぐに同じものを指さして、

「あれは何色?」と子供に尋ねたら、その子供は「あか!」と元気に答えた。

なぜ、同じ物なのに、違った色に見えたのだろうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、

お母さんは、信号を指さしていたから。

でした!!

 

 

 

 

 

この親子が、信号のある交差点で会話をしていると想像すると、分かりやすいと思います!

信号は、黄色から赤にはすぐに変わるので、

お母さんが同じ物を指さしているにも関わらず、

子供の答えは、変わってしまったという訳です。

その情景が見えていると、なんでもない話ですが、

会話だけだと、案外分からないですよね。

 

 

言葉から、状況をイメージする!

これも立派な勉強に必要な能力です!

日ごろから意識しないと出来ないですよね。

 

そんな感じで、小学生もそうですし、

中学生にもたまに考えてもらっています!!

 

今週のクイズ!!

前回、小学生の授業で行っていた思考力クイズを、

このブログで紹介をしておりましたが、

いくつか反響があったので、

また出題したいと思います!

 

 

前回のクイズで、お子様と一緒に考えてくださっていたようです!

 

 

お家で、お子様との会話のきっかけにでもなれば幸いです。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【問題】

 

お母さんが目の前にあるものを指さして、「あれは何色?」と子供に尋ねたところ、

子供は、「きいろ!」と元気に答えた。

すると、お母さんはまたすぐに同じものを指さして、

「あれは何色?」と子供に尋ねたら、その子供は「あか!」と元気に答えた。

なぜ、同じ物なのに、違った色に見えたのだろうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

この問題は、小学生でも早い子は即答でした!!

 

 

ポイントは、発想力です!

 

ご家族で話をしてみてください!

 

私立入試結果速報!

今週、私立高校入試がありました!

そして、結果もだいぶ出そろったので、

そのご報告を致します!

 

 本当に、みんな頑張ってくれたと思います!

 この結果がのすべてが生徒達自身の頑張りの成果だと思います!

 

【結果速報】

 

大阪国際大和田高校 スーパー文理プログラムⅠ特待生1名、プログラムⅡ3名、文理コース1名

常翔啓光学園高校 特進Ⅰ類1名、特進Ⅱ類2名、進学1名

大阪産業大付属高校 進学2名

・香里ヌヴェール学院高校 スーパーアカデミー1名

立命館高校 1名

・相愛高校 1名

常翔学園高校 1名

 

 

でした!!

 

 

特待生としての合格もでたり、

思っていたよりも上のコースで合格できたりと、

最後の頑張りが上手くでたかなと思います。

 

 

まだまだ公立入試も続きます!

 

 

この調子で、走り切ろう!

 

本日は私立高校入試日でした!

本日は、私立高校入試日という事で、

私立専願の子も、併願の子もみんな試験で戦ってくれました。

 

 

初めての入試という子も多いので、

前週はドキドキしたり、すごく焦ったり、

初めての入試を迎えて、

初めての感情だったのではないかなと思います。

 

 

 

先週は、直前期という事で、

やはり勉強の仕方も、

焦ってしまい、

よくないやり方をしている子もいましたので、

そこもしっかり話をして、

今すべき勉強と、直前での考え方をみっちり話をしました。

 

 

公立専願の子も多いので、

まずはこの私立入試を通じて、

当日の試験だけでなく、

本当の試験勉強の感覚をつかんでほしいなと思います。

 

 

 

うまく力を発揮してくれた事を願います。

 

 

そして、

その先輩たちの背中を後輩たちも見て、

受験意識を高めてくれればと思います!

 

 

成績の平均に注意!

小学生のあゆみや、

中学生の内申点などを見ていると、

 

「3」がついていたり、真ん中の評価だと、

「まぁ平均だから、大丈夫!」と思っていたりしませんか?

 

 

 

子供たちを見ても、

真ん中だからセーフ。

普通だから問題ないねん。

と、言っている子もいます。

 

 

 

ただ、ここで要注意なのが、

平均は、「3」ではないという事!

 

 

もし、テストで平均点ぐらいで、

他の提出物など、授業態度もしっかりしていると、

「4」がつく事もあります。

 

 

大阪府の全体の平均的な成績の数値を見ても、

3.6」や「3.7」ぐらいですので、

3」だと平均よりしたという事になります。

 

 

他の科目で、「4」をとったり、

4」寄りの成績をとらないと、

平均より下という事になってしまいます。

 

 

 

よくこの辺の誤解があったりして、

変な安心感を持っている方もいらっしゃいます。

 

なので、保護者面談や生徒面談でも、

成績の事はしっかりとお話しをするようにしています。

最初の意識だけ、しっかり理解頂ければ、

頑張る基準もきちんとしたものになり、

油断なく過ごせます。

 

 

こういった情報や知識が、

成績を見るうえではすごく大切な事だと感じています。

 

 

 

成績の見方や、現状を気になっている方は、

ぜひお気軽ご相談ください。

細かく分析をしてお話しさせていただきます。

 

 

 

 

クイズの答えを紹介!

前回の記事では、

小学生の授業でも行っているクイズをご紹介しました!

 

 

 

↓これが前回出したクイズです!

 

【問題】

 

太郎くんと次郎くんは、生年月日が同じで、顔もウリふたつ。

同じ家に住んでいて、もちろん母親も同じである。

しかし「双子ですか?」と聞くと、そうではないという。

こんな事があり得るだろうか?

 

 

 

 

みなさん、答えは分かったでしょうか???

 

 

答えは、

あり得る。

三つ子(以上)である。

 

 

これが答えになります!

 

 

生年月日が同じで、顔もまったく同じだと、

双子と思い浮かべると思いますが、

双子以外にも、三つ子、四つ子となると、

この現象も考える事ができます。

 

 

 

すごく単純だと思います。

答えだけを見ると単純なんです。

ただ、これをパッと問題として出されると、

意外と思いつかず、

いろいろな仮説を出しながら、

あれこれ意見をしていきます。

 

その時の小学生の様子を見ると、

すごく考えていて、

頭を使っているのが分かります。

 

 

 

こんな感じで、

小学生の授業では、

頭の刺激多めで授業をする事を心がけています!

 

 

 

 

 

小学生も熱中するクイズをご紹介!

小学生の授業で、一緒に考える練習をしたり、

休み時間に中学生たちもはまっているクイズがあります。

 

今日はそのクイズを少しご紹介いたします!

 

単純なものなのですが、

色々な視点から考えないといけないので、

自由な発想ができると、ぱっと解けたりもします!

 

 

色々なジャンルで用意をしているので、

楽しんで考える事ができます!

 

 

 

では、試しに1問どうぞ!!!

 

 

【問題】

 

太郎くんと次郎くんは、生年月日が同じで、顔もウリふたつ。

同じ家に住んでいて、もちろん母親も同じである。

しかし「双子ですか?」と聞くと、そうではないという。

こんな事があり得るだろうか?

 

 

 

ぜひ、みなさん考えてみてください!

 

 

 

答えは次回のブログにて!!

 

 

時事問題も幅広く知ろう!

先日、中学3年生は、卒業テストという事で、

中学校生活最後の定期試験がありました。

 

 

社会の問題では、毎回、時事問題として5問ほど出題されるのですが、

最近は、割と、幅広い分野で出題されています。

 

新聞に出ているニュースだけでなくて、

スポーツニュースも割とたくさん出題されています。

 

なので、

これは勉強には関係ないから!という感じで、

知る量を減らしてはだめです。

 

 

例えば、今、マラソン界でにぎわしているナイキの厚底シューズの名前って知っていますか?

これも、時事問題で出題されています。

 

 

また、スポーツ選手の名前、競技名も割とよくでます。

 

 

芸能ニュースはほぼでないですが、

世界的なニュースはもれなく出題されます。

 

なので、

世の中で何に今、注目が浴びていて、世間をにぎわしているのかも、

しっかりアンテナをはる必要がありますね。

 

実際の入試でも、時事問題が出題されます。

日ごろから世間の話題について、チェックするようにしましょう!

 

スマホも持っている人が多いので、

例えばLINEニュースで、一日3回配信して、

それだけチェックしていても良いかと思います!

 

 

ニュースを知る機会はたくさんあります。

あとは、それをスルーしないかどうかになります。

 

 

気を付けてみてください!