明光義塾 枚方岡山手教室のブログ

明光義塾 枚方岡山手教室 教室長(安東 亮)のつぶやき

トレイルランニングの大会に参加してきました!(前編)

f:id:meiko-hirakataokayamate:20170901121013j:plain

※写真はスタート地点から見える伊吹山です。

 

 

先日に、地元滋賀で行われた「夢高原かっとび伊吹2017」という、

伊吹山の頂上まで走るという大会で出場してきました!

 

距離にしては10キロですが、

すべてのぼりで、歩くことすら大変な傾斜だったり、

岩を手で支えながら登ったりするレースでした。

 

今、流行っている「トレイルラン」というものになります。

 

地元が伊吹山のすぐ近くにあり、この山を見ながら生まれ育ったのですが、

このレースに参加するのは、実は初めてで、

今年から、友人たちとランニングクラブで、一緒に走るようになり、

地元で開催されるレースには極力参加していこうと思い、

今回、思い切って挑戦してみました。

 

あまりにも過酷なレースだからなのか、

出場が決まり、周りの方に報告していると、

心配される声がたくさんありました。笑

 

当日はレスキュー隊の方々もたくさんいて、

また、ドクターヘリまで出動していたので、

思いのほか危険だったんだなと走り終わってから、

改めて感じました。

 

 

ただただ不安の中、スタートをきりました。

まず、最初の5キロぐらいは、

道の整った坂をずっとのぼるだけだったので、

しんどかったのですが、

なんとか走り切る事ができました。

ここまではまずまずのペースでいけました。

 

ただ、

そこからが本番で、

林道の坂道を走り切り、

道が開けたと思った瞬間、

THE 山」

という景色が目に飛び込んできました。

 

冬はスキー場のゲレンデになる部分ですが、

すごく急な坂で、

道も整っておらず、

草ですべりおちるような道でした。

 

走るどころか、

まともに歩く事さえ、困難な道でした。

 

太陽の日差しも強く、

中盤ですでに体力も気力も相当厳しいものがありました。

ただ、

一緒に走っている仲間の背中が見えたり、

ランナー同士で声をかけあったり、

また、大会スタッフの方が声をかけてくださるので、

頑張らないといけないと思い、

前へ前へ進んでいきました。

 

その過酷なゲレンデコースが終わると、

また、山道を走っていくコースになりました。

 

ただ、もうその時点が足が限界にきていたので、

気力で足を1歩ずつ踏み出しているような感じでした。

 

 

長くなってきたので、

この続きは次回に書きます!!笑